空気環境の測定基準

特定建築物における室内空気環境は、
外気と遮断され空気調和設備(=空調)等により制御されています。

その為、維持管理が適切に行われていないと
その建物を利用・使用する人々に不快感を与えるだけではなく
直接健康に影響を与える可能性が考えられてきます。

室内の空気環境要素は、
室内空気環境測定の項目及び基準でも紹介している6項目と
ホルムアルデヒドを合わせた7項目あります。

これらの要素について適切な制御・管理を目的に建築物環境衛生管理基準が定められていて、
・施行規則で定められた測定方法に基づき
・適正な資格を有する資格者によって測定された値が
・建築物環境衛生管理基準に適合しているかどうか
それによって、その建築物の空気環境が適切に維持管理されているか判断されます。

空気環境に係る維持管理基準

浮遊粉じん・・・空気1㎥につき、0.15mg以下

建築物内の浮遊粉じんの大部分がたばこの煙であるといわれており、
ハウスダスト・ダニのふんや破片・カビなども含まれます。
また人体へ与える影響は著しく、特に呼吸器系に対しては直接的な影響を与えます。

 
 
一酸化炭素・・・100万分の10以下(10ppm以下)
※特例として外気がすでに10ppm以上ある場合には20ppm以下

一酸化炭素は極めて有害な物質であり、
中毒死あるいは死にいたらなくても脳障害等の後遺症が残るなど人体に対する影響は大きいです。

 
 
二酸化炭素・・・100万分の1000以下(1000ppm以下)

人の呼気には約4%のCO2が含まれており、
室内空気全体の汚染状況を示す指標として測定されています。

 
 
温度・・・①17度以上28度以下②居室の温度を外気より低くする場合は、その差を著しくしない

温度の人体への影響は大きく、人体の温度調節機能は5~7℃が限界といわれています。
室内と外気の温度差を無視した過度な冷房・暖房により、私たちの身体にさまざまな影響を及ぼします。

 
 
相対湿度・・・40%以上70%以上

冷房時には高湿に、暖房時は低湿になりやすく、
そのような環境に長くいることで
鼻やのどの粘膜が乾燥し、不快感だけでなく感染症を起こしやすくなります。

 
 
気流・・・1秒間につき0.5m以下

人体の温・冷感に大きな関わりを持ち、無風に近い状態では不快感を受けやすくなります。
また十分に空気が拡散せず、浮遊粉じんや有害ガスなどが室内で停滞する原因ともなりえます。

 
 
ホルムアルデヒド・・・空気1㎥につき、0.1mg以下(=0.08 ppm以下)

ホルムアルデヒドは建材等からの発生の要因が大きく
大規模な修繕や模様替えを行った場合に
その使用を開始した時点から直近の6/1~9/30までの間に1回
そのフロアの居室にて測定しなければならないとされています。
洗剤・化粧品の原料・消毒剤・防腐剤など広い分野でも使用されています。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

対応エリア続々拡大中!!!

side02

東京都(全域)
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・江東区・北区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区

神奈川県(全域)
横浜市・川崎市・横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・葉山町・相模原市・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・愛川町・清川村・平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・秦野市・伊勢原市・寒川町・大磯町・二宮町・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町

静岡県(東部・中部)
静岡市・島田市・藤枝市・牧之原市・焼津市・榛原郡・熱海市・伊豆市・伊豆の国市・伊東市・御殿場市・下田市・裾野市・沼津市・富士市・富士宮市・三島市・賀茂郡・駿東郡・田方郡

このページの先頭へ