室内空気環境測定ってなぜ必要?

室内空気環境測定の必要性

建築物衛生法に規定されている空気環境要素は、①浮遊粉じん ②一酸化炭素 ③二酸化炭素 ④温度 ⑤相対湿度 ⑥気流の6項目があり。いずれも人間が生活する上で、快適性だけでなく直接健康に関わる重要な要素と言えます。そのため最低限の空気環境に保たれているかどうかの検査を、2ヶ月に一度(年6回)定期的に行う必要があります。

法律の知識をご紹介します

法律では、特定建築物
(延べ面積3,000㎡以上の店舗・事務所や遊戯施設、また8,000㎡以上の学校等)に
年6回(2ヶ月に1回)の室内空気環境測定が義務付けられています。

一般家庭では、窓を開け空気を入れ換えることもできます。
空調設備の調子が悪かったり、嫌なにおいがしたらすぐにわかります。

ですが、特定建築物では窓の開閉が頻繁にできるとは限りません。
また、空調設備の不具合をすぐに確認できるとも限りません。

そのため、定期的に測定をする必要が出てくるのです。

これは、特定建築物に限らず、一般の店舗・レストランなどにもあてはまります。
特に地下に店舗を構えている場合、ちょっと心配です。

室内空気環境の大切さ

室内の空気には、ホルムアルデヒドをはじめとするさまざまな化学物質、
一酸化炭素や二酸化炭素などが含まれている場合があります。
私たちは呼吸をするとき無意識のうちにそれらを吸っていることとなります。

特に子供は、大人より呼吸量は少ないものの、
体重1kgで比べると大人の2倍の量を取り込んでいることになるのです。
これが原因で、子供のアトピーや喘息などのアレルギー疾患が増えているといわれています。

人間にとって最も大切な空気の汚れを測定することによって、
体調不良や病気を未然に防いでいるとも言えます。

お店で食事をするとき、お店がほこりっぽかったら?
子供が咳をしはじめたら?
そんな時、お店の壁に空気環境適合証明書が飾ってあったら、安心ですよね。

空気環境衛生センターが室内空気環境測定をし、基準をクリアした建物には、
通常の測定結果報告書と共に、必ず空気環境適合証明書を提出しています。
モチロン空気環境適合証明書も測定費用に含まれていますのでご安心下さい。
空気環境測定適合証明書

空気環境測定センターはこちら>>
お申し込みは>>

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

対応エリア続々拡大中!!!

side02

東京都(全域)
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・江東区・北区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区

神奈川県(全域)
横浜市・川崎市・横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・葉山町・相模原市・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・愛川町・清川村・平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・秦野市・伊勢原市・寒川町・大磯町・二宮町・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町

静岡県(東部・中部)
静岡市・島田市・藤枝市・牧之原市・焼津市・榛原郡・熱海市・伊豆市・伊豆の国市・伊東市・御殿場市・下田市・裾野市・沼津市・富士市・富士宮市・三島市・賀茂郡・駿東郡・田方郡

このページの先頭へ