空気環境の測定方法と測定ポイントとは

空気環境の測定方法

空気環境測定は施行規則により測定方法が決められており
1日2回(午前・午後)同じ場所で測定を行うことになっています。

そして測定台車などを使用し、
必ず一定の高さ(床上75cm以上150cm以下)で測定を行います。

また、測定ポイントの数によって費用もかわってきます。

建物全体の室内空気環境を把握できるように
用途や居室の使用状況・空調方式・空調系統・居室レイアウト等を考慮し、
総合的に測定ポイントを判断しなければなりません。

測定ポイントについて

測定ポイントは測定点の事を指し、
建物の規模により測定ポイントの数が異なります。

1ポイント=1ヶ所
原則として各階ごとに必ず1ポイント以上の測定点を選ぶこととされています。
尚、1ヶ所において午前・午後の2回測定で、1ポイントとなります。

室内空気の測定

床面積が300㎡程度までの居室であれば、
部屋の中央部に1ヶ所の測定点を選びそこで測定をすることで
居室(普段から人がいる場所)の空気環境の特性を代表する値が
得られるといわれています。

しかし、床面積がその倍以上となる居室(大規模な事務所ビルの1フロア等)では
中央部の1ヶ所がその測定点としてふさわしいとはいえないので、
いくつか測定点を選ぶことが適当と考えられています。

外気条件の測定

室内空気は外気の影響を強く受けることから
外気条件の測定も同時に行う必要があります。

原則として外気の取入口付近されていますが、
それができない場合は屋上などでも大丈夫です。

外気の測定においてもポイント数としてカウントされます。

 

空気環境測定の価格表は>>
空気環境測定センターはこちら>>
空気環境測定のお申し込みは>>

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

対応エリア続々拡大中!!!

side02

東京都(全域)
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・江東区・北区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区

神奈川県(全域)
横浜市・川崎市・横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・葉山町・相模原市・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・愛川町・清川村・平塚市・藤沢市・茅ヶ崎市・秦野市・伊勢原市・寒川町・大磯町・二宮町・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・小田原市・箱根町・真鶴町・湯河原町

静岡県(東部・中部)
静岡市・島田市・藤枝市・牧之原市・焼津市・榛原郡・熱海市・伊豆市・伊豆の国市・伊東市・御殿場市・下田市・裾野市・沼津市・富士市・富士宮市・三島市・賀茂郡・駿東郡・田方郡

このページの先頭へ